「MarketAnalyzerD20」販売開始!

marketd20

 

日経225Miniの高精度な完全自動発注システム「MarketAnalyzerD20」が販売開始になりました!

「MarketAnalyzerD20」は、以前販売していた「マーケットアナライザー225」の後継システムとなっており、エントリー~決済まで完全自動になっていたり、大幅なバージョンアップが施されていたりと、「マーケットアナライザー225」を更に進化させたシステムなっております。

システムの概要を超簡単に説明しますと…、日経225先物とTOPIX先物の瞬間的な乖離を1分足データで読み取り、特異点を平準化する方向へ「売り」又は「買い」のエントリーを行い、利益確定及びロスカットまでを完全自動で行ってくれるという代物です。

 

セールスページに実際の稼働の様子がアップされていますので、動画を見ればどのような動きをするか一目瞭然だと思います。

 

 

気になる実績はこちらをご覧ください。⇒http://robo-factory.net/analyzer/

6月…+690円
7月…+305円
8月…+350円
9月…+55円
10月…+780円
11月…+385円
12月…+415円(12/29まで)

派手さはありませんが、着実に手堅く利益を積み重ねていることが分かります。

前作のレビューでスリッページによる問題点を挙げましたが、今作はエントリーから決済まで全自動ですので、それらの問題もすべて含んでの成績になります。

 

では、同じ三澤さんのシステム「ArbimasterD3」とどちらがいいのか?

まず“手堅さ”という点では「ArbimasterD3」に分があると思います。

「ArbimasterD3」は両建て、「MarketAnalyzerD20」は片掛けという仕様なので、どうしても両建ての「ArbimasterD3」の方が安全性の高いトレードという点では優れています。

 

「MarketAnalyzerD20」が「ArbimasterD3」より優れている点は何かというと、まず証拠金が少なくてもトレードできるという点が挙げられます。

「ArbimasterD3」は日経225ラージとTOPIXラージの証拠金を確保しなければいけないので、初心者には敷居の高いものになっていますが、「MarketAnalyzerD20」はミニ1枚分の証拠金があれば実践できますので、15万円もあればトレードを開始することができます。

また、証拠金に対するリターンはArbimasterD3よりMarketAnalyzerD20の方が大きいので、ArbimasterD3の利益に物足りなさを感じている方はMarketAnalyzerD20の導入を検討して見てはいかがでしょうか?

 

もっと詳しく知りたい!という方には無料動画セミナーも用意されていますので、ぜひこちらもご参照ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

mad20

 

 

個人的に現在スキャルピングトレードを完全シストレ化しようと色々やっていますが、通常の値動きをロジックのベースにしている以上、値動きに乏しいヨコヨコ相場の時はサインが出ないという欠点があったりします。

そんな時にNT倍率という全く違うアプローチからサインを出してくれる「MarketAnalyzerD20」があれば、値動きに乏しい時期でも利益を出してくれる可能性が高まってくれることを期待しています^^

 

 

商品名 MarketAnalyzerD20
販売者 有限会社エイブリック
トレードタイプ 完全自動売買デイトレード

 

 

「MarketAnalyzerD20」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典S」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒「特典S」の内容はコチラ