2017年8月の成績

今月より「ダブルファントムトレード分足」&「ドルスキャワールドFX」の月間成績を追加しています。

 

【日経225先物】

順位
システム名
獲得(円)
1位 Aegis225 580
2位 TEPPAN225 TS-SD1 560
3位 TITAN 250
4位 TEPPAN225 TS-SW1 100
4位 MAサイン225-初代版-(寄り引け版) 100
6位 日経225シンプルデイトレードS ver2(Sロジック) 90
7位 ダブルファントムトレード(日足) 50
8位 日経225先物自動売買 銭亀225 45
9位 デイズリッチ2017 -20
10位 Fantasista225PRO -40
11位 日経225スイングシグナル -50
12位 TwinCam225PRO -80
13位 ライブトレード225(シストレのみ) -165
14位 ソフィア2017 -170
15位 五億導(シストレソフト) -300
16位 パターントレード2017 -380

※注1.単位は円

※注2.基本的にラージでの成績表記ですが、以下のシステムはminiでの成績表記になっています。

 

「日経225スイングシグナル」
「ライブトレード225(シストレのみ)」
「日経225先物自動売買 銭亀225」
「日経225シンプルデイトレードS ver2」

 

 

日経225先物部門では「Aegis225」、「TEPPAN225 TS-SD1」、「TITAN」といった、かなり古くからあるシステムが好調の1か月となりました。

 

 

【FX】

順位
システム名
獲得(pips)
1位 ナイトエイトFX2014ロボットシグナル版 800.4
2位 サラリーマンFX(20時~0時ver) -22.6
3位 ナイトゼロFX2014ロボットシグナル版 -54.5
4位 サラリーマンFX(18時~0時ver) -96.9

※注1.単位はpips

※注2.原則的に全通貨1万通貨運用での獲得pips数。

 

 

FX部門では「ナイトエイトFX2014ロボットシグナル版」の一人勝ち状態。スタートこそ「ナイトゼロFX2014ロボットシグナル版」との成績差はあまりありませんでしたが、月日が経つにつれ「ナイトエイトFX2014ロボットシグナル版」の方が断然優位性を保っています。

 

 

ダブルファントムトレード

dp201708

 

 

丸一日トレードできるかどうかは別問題として^^;、指値で丁寧にトレードした場合約1610円、サイン発生後すぐに成行発注したとしても約725円の利益が取れていた計算になります。

注目すべきはマイナスになった日の額の少なさで、3桁のマイナス日は一度もなく、非常にストレスがたまりにくいトレードができていたことが分かると思います。

また、予想していた通り短い足になればなるほどスリッページの影響は大きくなっていますので、15分足以下の分足でトレードすることはちょっと危険かもしれません。

 

 

ドルスキャワールドFX

ds201708

 

「8月はちょっと不調だな」と感じながらも、しっかりとプラス域に持ってくるあたりは流石といったところです。

公式ブログの月間成績では+134,500円になる計算になっており、各ネット環境や使用するMT4の違いで若干の収支のズレは生じるものの、月間スパンではさほど成績は変わらないということも確認できるかと思います。

 

 

 

2017年9月4日 コメントは受け付けていません。 月間成績