MAサイン225徹底分析

日経225先物システムとして、過去最大級の安定性と破壊力を持つといっても過言ではない「MAサイン225」を徹底分析!

 

「MAサイン225」を通常に購入しますと、【2014版】と【初代版】という、2つのソフトしか手に入りませんが、当ブログから「MAサイン225」を購入された方には、特別に【V2版】というソフトもプレゼントしております。

そこで、【初代版】、【V2版】、【2014版】の3つのシステムが同じサインを出した時だけ仕掛けることによって、どのような結果になるかを検証してみました。

 

結論から申し上げますと…、

 

サインが一致した時のみ仕掛けることでパフォーマンスが飛躍的にアップ!

 

それでは、その検証結果を具体的な数字を示しながら解説いたします。

 

※2009年3月~2014年1月15日のデータで比較

寄り引け

ma31

 

まずは日中寄り引けから。

MAサイン225は「見送り」がほとんどなく99%超の参入率を誇りますが、サイン一致となると約60%にまで参入率が低下。

しかし、サインの精度は格段にアップし、1トレードあたりの期待利益では10円以上、勝率に関しても+10ポイント以上の上昇がみられます。

トータルの利益率でもそれほど遜色なく、トレード機会を減らして勝ちやすいところだけを狙うトレードができているのがわかるかと思います。

 

オーバーナイト

ma32

 

続いてオーバーナイトです。

オーバーナイトにおいても日中寄り引け同様に、参入率を抑えて勝率・1トレードあたりの期待利益が上昇する結果になっています。

トータルの利益でも大きく減らしているわけでもないので、どう考えてもサインが一致したときのみ仕掛けるのが効率的です。

 

寄り引け・オーバーナイトを合算した結果は以下の通り。

ma33

 

「見送り」が格段に増えるので、トータルの利益では結構差が開くかな?と思っていましたが、蓋を開けるてみると全然そんなことありませんでした^^;

サインが一致したときのみトレードすることで、負けトレードを大幅に減らせることになるので、資金が少ない方にとっては是非とも検討してほしい方法です。

ちなみに、資金がある方はリスク分散のために、3バージョン独立した形でのトレードをオススメします。

※スペースの都合上、月単位での結果等は掲載しませんでしたが、希望があればお教えいたしますのでメールをくださいね(^.^)

 

幻の【V2版】を入手できるのは当ブログのみ♪

「特典A」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒「特典A」の内容はコチラ

 

 

 

 

 

2014年1月16日 コメントは受け付けていません。 お知らせ