「ArbimasterD3」8か月ぶりの一般募集!

amd3

 

完全自動売買のサヤトリツール「ArbimasterD3」が募集再開になりました!

募集期間は2017年1月15日(日)までとなっていますが、年内(2016年)の購入だと3,000円ほどお安くなります^^

システムの概要ですが、まずは前々回のレビューをご覧ください。

究極のサヤ取りトレードツール「ArbimasterD3」レビュー!

 

但し、これは2016年2月に書いたレビュー。

実は7月中旬に大幅なバージョンアップが行われており、以下の大きな変更点があります。

2ndポジションまで→3rdポジションまでに拡大
寄引けストラテジーの廃止
デイトレ感覚でトレードできる「待受け発注」の新設

 

寄引けストラテジーが無くなり、一番優位性が高いと思われるD3ストラテジーで様々な戦術が立てられるように改良されています。

 

では、2016年の成績はどうだったのか…?

公式記録の成績をご覧ください。

arb121

 

arbaarbbarbc

(※クリックで拡大表示)

 

実際にはパラメーター設定に個人差がありますので、公式記録と全く同じ成績という訳にはいきませんが、パラメータ依存度が極端に低いシステムですので、見当違いな設定にしない限りはほぼ同様の成績になります。

また、12月8日、9月29日、9月27日、9月27日の「R4ストラテジー」は、まだ実装されていない機能ですので、そこだけは差し引いてお考えください。

 

いかがでしょうか?

自動売買ですので、完全にほったらかしの状態でこの利益を叩き出してくれるなんて凄すぎませんか?

もちろん、これはバックテストでもフォワードテストでもありません。リアルトレードで大勢の方も同じように利益を出しています。

 

良いところばかり書いてきましたので、最後に実際に実践している私からちょっとだけマイナスな部分を述べさせていただくと…、

この実益でこの勝率…成績表だけをみたらノーストレスでほっらかしで利益がどんどん積みあがっていくというようなイメージを抱かれるかもしれませんが、それはちょっと違います。

なぜかというと「含み損」の存在があるからです。

D3ストラテジーは、十中八九エントリー後すぐに利益確定まで辿りつきますが、たまに大きな含み損を抱えながら長期間ポジションを持つこともあります。

その含み損は金額にして約20~30万円。

大抵の場合は最大含み損からある程度復活してドテン売買又はロスカットとなりますので、システムに従うのが一番良いことには変わりはありませんが、一旦抱える含み損を考えると「全くのノーストレスで」という訳にはいかないことを覚えておいてほしいと思います。

まぁ、どんな優秀なトレードもメンタルは重要なポイントになりますので、「ArbimasterD3」もその例に漏れずということですね。

 

もちろん、大きな含み損を抱えることもあるリスクを加味しても、「ArbimasterD3」が素晴らしいシステムであることに違いはありません。

この含み損さえ乗り越えれれば上記成績表のような素晴らしい実益が待っています。

ぜひこの追加募集期間を見逃さず、「ArbimasterD3」を手に入れてください!

 

 

「ArbimasterD3」を特典付きでお得に購入しよう♪

募集期間は2017年1月15日(日)まで※2016年12月31日まで特別価格!

「特典S」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒「特典S」の内容はコチラ