2018年の成績

あけましておめでとうございます。

本年も当ブログをよろしくお願いします<m(__)m>

 

さて、年も明けたことですし、前年の年間成績を振り返っていきましょう。

日経225先物

販売中システム

 

現行システムでは、ナイツ225の特典システムである『ロングリッチ2018』が+3690円と満足のいく成績。

その他「ナイツ225」、「ナイツ225V2」、「デイリー2018」と、山本一彦氏作成のシステムが手堅い成績を収めていることが分かります。

また、波の荒さはありますが「イキナリAUTO塾生版」も+3225円と、最終的には十分なプラス幅を確保してフィニッシュしています。

どんどんストラテジーが追加している現在進行形のシステムになりますので、2019年は更なる飛躍を期待したいところです。

 

 

現在入手困難なシステム

 

寄り引けシステムでは、Combinationの酷さが目に余る状態^^;

前年に引き続いてのダメダメ成績なので、もはや逆サインとして威力を発揮しそうな勢いです…。

オーバーナイトシステムでは、概ね好調なシステムが多かったです。

特に「ナイトリッチ2016V2」が+8710円、「ナイトリッチ2016」が+5830円と爆益を記録しています!

2wayシステムでは、ソフィア2015が+4200円と、唯一利益を伸ばす展開。

MAサインシリーズは2年連続で振るわず、ここにきて停滞期を迎えています。

 

 

ダブルファントムトレード(分足)

 

スリッページ無しだと+8745円、スリッページ有りだと▲925円と、改めてスリッページの重大さを思い知らされるような成績でした。

言いかえると全注文を成行でやっていれば▲925円、指値でやっていれば+8745円(但し、指値に引っ掛からずに取りこぼす展開は必ず発生する)ということなので、現実的には指値をメインにおいて行かれた場合のみ裁量で対応というトレードになるかと思います。

ちなみに分足を厳選してトレードするならば、断然30分足がオススメかと。

15分足だとスリッページの影響が大きくなりますし、60分足だとトレード数が少なぎてなかなか安定しないことが予想されますので。

 

 

FX

販売中システム


レギュラーシステムは、全システムがプラス成績を維持したまま終了することができました。

個別では「ナイトゼロFX2014ロボットシグナル版」が+3132.7pipsと満足のいく成績。

その他は概ねチョイ勝ちという結果です。

 

 

ドルスキャワールドFX


裁量版はスプレッド込だと約20万円のマイナス。

自動売買版1分足は、前半の苦戦が響いてマイナスのままフィニッシュ。

自動売買版5分足は、小幅ながら安定した成績推移でプラス成績。

実践の際は、手堅く自動売買版5分足か、裁量版に更なる裁量を加えて何とかスプレッド分だけでも上乗せする…といったトレードがよろしいかと思います。

 

 

トレテンワールドFX


ユーロ円・ユーロドルはそこそこの成績ながら(とは言ってもスプレッド込ならマイナスですが…)、ドル円の成績が足を引っ張りトータルでは大幅にマイナスで終了。

う~ん、通貨別だけでも突出したものがあればいいのですが、現在の成績のままだと実運用は厳しいかもしれません。

 

 

ダブルブレイクマネージャー


スプレット0計算だと約+42.8万円、スプレット0.3計算だと約+7.7万円と、とりあえずプラスでフィニッシュすることができました。

ロジックの特性上、トレンド相場で利を伸ばしレンジ相場で苦戦する傾向がありますので、もう一つフィルターを加えることで成績が化ける可能性がありそうです。

 

2019年1月6日 2018年の成績 はコメントを受け付けていません。 年間成績