販売開始以降も着々と利益を出し続ける「ナイツ225」、「デイリー2018」が再販中!

2017年12月に販売開始された「ナイツ225」、2018年5月に販売開始された「デイリー2018」。

販売開始以降も順調に利益を出し続ける、山本和彦氏制作のこの2タイトルが再販されましたので、これを機に公開開始から現在までの収益をサブシステムの状況まで含めて振り返っていきたいと思います。

 

ナイツ225

ナイツ225は、オーバーナイトシステムである「ナイツ225」と、その改良版にあたる「ナイツ225V2版」、そして特典である日中寄り引けシステムの「ロングリッチ2018」と、一度に3つのシステムトレードソフトが手に入る非常にコストパフォーマンスが優れたシステムトレードソフトです。

⇒ ナイツ225のレビューはコチラ

 

ナイツ225

(※2017/12/1~2018/12/13までの成績)

「ナイツ225」は、約1年間で+1220円とまずまずの成績。

注目すべき点はサブシステム3で、+6800円という圧倒的な利益幅と安定度で頭一つ飛びぬけています。

「ナイツ225」では、サブシステム3を中心にトレードを考えると面白いかもしれません。

 

ナイツ225V2版

(※2018/4/24~2018/12/13までの成績)

「ナイツ225V2版」は、約8か月で+3330円と申し分のない成績。

サブシステムでも全システムでプラスを叩き出していることから、非常に安定したトレードができていることが伺えます。

現時点では、オーバーナイトトレードにおいては、「ナイツ225」よりも「ナイツ225V2版」を軸にトレードを行う方が好結果が期待できるでしょう。

 

ロングリッチ2018

(※2017/12/1~2018/12/14までの成績)

ロングリッチ2018は、1年間で約+5000円と大満足の成績♪

サブシステムでも4つのシステムで勝ち越しており、本サインでの利益が一番高いという理想的な状態と言えます。

オマケシステムと言えども、現時点で最も相場にマッチした寄り引けシステムではないでしょうか。

 

「ナイツ225」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典SS」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典SS(詳細はコチラ)

 

 

 

デイリー2018

デイリー2018は、日中寄りにエントリーして翌日中寄りで決済という、一風変わった時間軸で勝負をする1泊2日型のシステムトレードソフトです。

⇒ デイリー2018のレビューはコチラ

(※2018/5/17~2018/12/13までの成績)

デイリー2018は、約7か月で+3400円とかなりの好成績を叩きだしています!

トレード軸が長いので一時的には大きな含み損を抱えることもありますが、月単位の収支ではそれほど大きなマイナスを出していないところが素晴らしいです。

また、サブシステム5が収支的にも月間勝率的にも突出しているので、サブシステム5のサインでトレードをしていくというも戦略的に面白いかと思います。

 

「デイリー2018」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典SS」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典SS(詳細はコチラ)

 

「デイリー2018」が8月31日で販売終了!

dairy2018

 

山本和彦さんの1泊2日型システム「デイリー2018」が、いよいよ8月31日(金)を以て販売終了となります。

5月中旬の販売開始から本日(8/28)までの成績はトータルで+1405円と、3か月強にしては十分合格点の成績を残していると思います。

 

「デイリー2018」は、5つのサブシステムを搭載としており、その多数決で本サインが確定される仕組みとなっています。

当ブログでは今まで本サインの成績だけを掲載してきましたが、サブシステム別の成績はどうなっているのか?それを集計しましたのでご覧ください。

daili1
(2018年5月17日~8月28日の成績)

 

僅か3か月半分の成績ですので試行回数の少なさは否めませんが、現時点では「サブシステム3」と「サブシステム5」が絶好調で、「サブシステム1」と「サブシステム2」が足を引っ張っているということが分かります。

好調なシステムのサインだけを採用することや、不調が長引くシステムは選択肢から外すと言った戦略も有効だと思いますので、ぜひサブシステムの動向も気にしながら「デイリー2018」のポテンシャルをフルに引き出していただければと思います。

 

 

「デイリー2018」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典SS」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典SS(詳細はコチラ)

 

デイズリッチ2017のサブシステム(子システム)の実績と検証

「デイズリッチ2017」が販売開始されておよそ1年余り。

今まで数多くのNK225システムトレードソフトを輩出してきた山本和彦氏ですが、このシステムから“サブシステム”によるサイン生成を導入しており、いわば5つのシステムが同時に手に入る構成になっています。

5つのサブシステムの多数決で算出される本サインについては、当ブログでも毎日成績を掲載してきましたが、サブシステム単体でみた場合の成績はどうだったのか?

販売開始から1年が経過した今、その成績を振り返ってみましょう。

 

デイズリッチ2017サブシステムの実績

dayssub1(※2017/5/15~2018/5/25の成績)

 

単純に多数決で生成される本サインは、約1年間でちょい浮きと苦戦している状態ですが、サブシステム5が+4290円と爆発的な成績!

最低成績のサブシステム2と最高成績のサブシステム5間の成績差は約7,000円にも及び、ラージ1枚だと700万円もの差が付いた展開でした。

今後もサブシステム5がこのまま突出して好結果を出し続けるとは限りませんが、ソフトを所有している方はプラス成績を継続しているサブシステムに注目してみるのも良いと思います。

今後は全サブシステムの成績が伸びて、結果的に本サインの成績も上がる…これが一番の理想ですが^^;

 

本サイン生成の条件を変更してみる

デイズリッチ2017の本サインは5つのサブシステムの多数決で生成されています。

例えば、「買い×3・売り×2」だったら買いサインですし、「買い×1・売り×4」だったら売りサインとなります。

そこで、「買い×3・売り×2」及び「買い×2・売り×3」の場合は見送りにして、買い・売りサインが4以上の場合だけエントリー、また全買い・全売りだけエントリーした際の結果はどうだったのかを検証してみます。

dayssub2

 

当然のことながら条件を厳しくするにつれ参入率は下がっていきますが、総利益やトレード単価はどんどん上がっていく結果となりました。

特にサブシステムが全買い・全売りの時だけエントリーした場合は月別成績で大きなマイナスは見られず、トレード単価も20円越えと満足のいく成績になっていますので、このような時はチャンスと捉え、枚数を増やすなど積極的にトレードするのも良いかもしれません。

 

サブシステム2を除外した場合の成績

最後に圧倒的に成績が悪かったサブシステム2をオミットした場合の成績も掲載しておきます。

dayssub3

 

サブシステムが5⇒4と偶数になってしまいますので必然的に見送りは多くなりますが、上記のような好成績となっています。

もっとも、売買開始直後はサブシステム2がこれほど足を引っ張ることは想定できませんので、これはあくまでも結果論でしかありませんが、年間で▲2000円以上のシステムは見切っていくという戦略を取るのであれば、今後の参考になるかと思います。

 

以上、販売開始後1年におけるデイズリッチ2017のサブシステム(子システム)の実績と検証でした。

今後もデータが蓄積され次第、また振り返ってみたいと思いますし、同様の構造になっている「ナイツ225」「ロングリッチ2018」「デイリー2018」でも、もうちょいデータを貯めて検証していきたいと思います。

 

 

「デイズリッチ2017」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典SS」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典SS(詳細はコチラ)

 

山本一彦さんの最新システム「デイリー2018」ガチンコレビュー!

dairy2018

デイズリッチ、ナイツなど日経225先物システムトレードの第一人者とも呼べる山本和彦さんの新作ソフトがリリース!

今回のソフトは、日中寄り付きにエントリーし、翌日の日中寄り付きに決済をするという、『1泊2日型』のシステムになっており、2016年に販売された『デイリー225』の継承システムと言えるでしょう。

前作『デイリー225』は、残念ながら相場にマッチせずに早々に販売終了となってしまいましたが、今回はそのリベンジに期待です。

それでは「デイリー2018」を解説していきますね。
 

ロジックの背景

「デイリー2018」は、どんな相場でも結果を出していく為に、以下5つのサインを総合的に判定して最終サインを算出しています。

①相場が動かないBOX相場に強い⇒【パターン解析】
②上昇・下降のトレンド相場に強い⇒【MA(移動平均線)】
③上昇・下降のトレンド相場に強い⇒【MACD】
④下げ過ぎ上げ過ぎの過熱相場に強い⇒【ストキャステック】
⑤全体のバランスから判定する⇒【コンビネーション】

ソフトでは5つのサブシステムのサインも確認することができるので、データを蓄積してサブシステムを使った検証をするなど、色々と応用していくこともできそうです。

また、今までの山本氏のシステムではパターン解析やMA・MACDを使ったロジックは組み込まれていましたが、④⑤のようなロジックを組みこまれるのは初めてのことと認識していますので、これがどのように成績に反映されていくのか非常に興味深いところ。

また、初めてと言えばサイン算出の材料がラージ先物からミニ先物になっているのも見逃せません。

 

プラットフォーム

dairy20182

プラットフォームは山本さんソフトお馴染みの形。

ソフトを立ち上げ⇒①「データ自動取得」ボタンを押して⇒②「サイン生成」ボタンを押す…これだけで簡単にサインが算出されます。

ちょっと前までは各データは手動入力というのが基本でしたが、最近の山本さんソフトは全自動で入力されるのがすっかりデフォになっているので楽チンで助かりますね^^;

もちろん、トラブル等でデータを自動取得できない場合に対する手動での算出方法もしっかりマニュアルに記載されていますので安心です。

 

過去成績

次は「デイリー2018」の過去成績を確認してみましょう。

dairy20181(注1:すべてミニ中心値で取引した結果)
(注2:2018年5月16日寄り付き決済までの成績)

 

相変わらず物凄い成績(^_^;)

正直、この成績を今後も維持していけるのは難しいと言わざる負えませんが、この成績の半分でも3分の1でも実益を残すことができれば大満足でしょう。

また、この間の日経225先物の価格は実に倍以上に上昇していますが(※2013/1/4(10750円)⇒2018/5/16(22715円))、デイリー2018のサインの内訳は、買い=581回に対し、売り=732回。つまり、このバックテスト成績は、単にこの間の上げ相場の恩恵を受けて発生したものではないことがお分かり頂けるかと思います。

今後の相場がどのように推移するか分からない以上、このように全体の動きに比例したサイン発生状況で無いことは、好材料と言えるのではないでしょうか。

 

ロスカットor利益確定のシミュレーター付属

dairy20183

こちらも山本さんシステムではおなじみとなったロスカットや利益確定を検証できるエクセルファイルの付属。

実践が始まっていない現時点では、バックテスト成績が最優良なのが当たり前なので使用する機会は少ないとは思いますが、今後実践を続けるにあたってロスカットの設定は必須項目になる可能性が高く、非常に有難い付録と言えます。

ただし、このシミュレーターは以下の点に気を付けなければいけません。

①ロスカット&利益確定の同時併用は不可。

ティックデータでも内蔵しない限り、どちらに先に達したかは検証はできないので、ロスカットor利益確定どちらかに絞って検証する必要があります。

②日中⇒夜間のギャップには非対応。

影響度は低いですが、このギャップ間で設定値以上の損or利益が出た場合には対応していません。

③利益確定は100%指し勝つ想定で計算される。

例えば始値が20000円で利確値が100円かつその日の高値が20100円だった場合、必ず指値に掛かると想定されて+100円で計算されます。しかし、実際は指し負ける可能性も十分ありますので、シミュレーション通りに行かないケースが多々あると予想されます。

①、②はともかく③のズレは痛すぎますので、ロスカットシミュレーターに絞って活用するのが実用的と言えるでしょう。

 

6か月間のシグナル配信サービス

「デイリー2018」は買い切り型のシステムですが、特別特典として6か月間のシグナル配信サービスが付いてきます!

ソフトを使用しても1分程度でサインは算出できますが、このサービス期間中はソフトを立ち上げる必要さえありません。

ちなみに6か月が経過しても、月額2,000円でシグナル配信サービスは継続できるようです。

 

「デイリー2018」は1泊2日型のシステムですので、前日と同じサインの場合は新たにポジションを組む直す必要がなく、ポジションはそのまま持ち越しとなります。

地味ではありますが、従来の2wayシステム(寄り引け+オーバーナイト)に比べ、手数料が断然少なく済むというメリットがあります^^

もちろん、トレード軸の異なるシステムをポートフォリオに入れて、リスクの分散化にも期待したいところ。

当ブログでも毎日成績をアップしていきますので、今後の成績を見守っていきましょう。
 

 

商品名 デイリー2018
販売者 株式会社インフォシステム
トレードタイプ 1DAY(1泊2日型)
取引枚数 1枚

 

 

 

「デイリー2018」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典SS」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典SS(詳細はコチラ)

 

「旬速自動売買」…1/31までの超短期間募集開始!

syunsoku

 

「ArbimasterD3」や「MarketAnalyzerD20」でおなじみのエイブリックより、新しいシステムがリリースされました。

その名も…『旬速自動売買』

詳しいことは以下の動画をご覧いただければ早いと思いますが、簡単に言えば分足を使った自動売買システムが2つ搭載されている「旬速自動売買ベースファイルのみ」と、さらにオリジナルのロジックを好きなだけ自動売買として追加していける「旬速自動売買ベースファイル+講座」という2種類の販売形態になっています。

オリジナルロジックを追加していく場合はもちろんそれなりにエクセルの関数の知識が必要ですが、そこから自動売買化するまでの道程はだいぶショートカットすることができますので、自力でイチから勉強するよりもかなり楽に自動売買を構築できるでしょう。

また、最初から実装されている2つのストラテジーが、『分足を使った自動売買』という初心者にはなかなか手が届かない時間軸のトレード手法ですので、これをすぐに使うことができるだけでも十分価値があると思います。

実装されている2つのストラテジーを使うだけで満足だという方でしたら“「旬速自動売買ベースファイル」のみ”で十分だと思いますし、これを機に高度な自動売買を追求していきたいという方や、自作のシステムをどんどん自動売買化していきたいという方であれば“「旬速自動売買ベースファイル」+講座”を選択すべきかと思います。

 

 

大きな特徴は以下の通りです。

ほぼどんな銘柄でも自動売買できる

動画で解説の通りほぼ何でも自動売買できます(FXを除く)。しかもTOPIXのデータでサイン判定して取引は日経225Mini・・といったこともできます。

最初から2つのストラテジーを実装

2つの優勝なストラテジーを実装しています。動作のマクロも関数もすべて公開してありご自身で変更も可能です。

何個でもストラテジーを追加できる

アナタだけのストラテジーをいくつでも追加できます。この追加する作業は動画でも解説していますが勉強会で直接勉強することもできます。

手動取引のボタンで新規建て、返済は自動に任せられる

新規建てをボタンで行い、返済は自動に任せることもできます。関数やマクロも公開してありますので、自動売買の仕組みをシンプルに理解できます。

トレーリングストップなど高度な返済機能を実装

利益確定幅、ロスカット幅の設定の他にトレーリングストップの機能と、指定時間になったら自動で返済される機能があります。この部分は値を最初から装備されていますので設定するだけです。

 

続いて最初から実装されている2つのストラテジーの概要や成績などです。

Strategy1(IR30)

【概要】
・Strategyの名称:IR30
・取引可能銘柄:日経225先物 日経225Mini TOPIX先物 TOPIXmini
・2009年からの総損益:7,735,180円(手数料引き後)
・期間中勝率:53.83%
・月間平均取引回数:6回
・取引時間帯:9時30分~15時15分

※日経225Miniを10枚でシミュレーション上の値

【自動注文・自動返済注文の方法】
・新規注文の方法:「指値」「最良指値」「成行FAK」から選択
・返済方法:リスク管理の逆指値注文、指定した利益幅で利益確定 トレーリングストップ注文を複合的に自動で使用

【年別成績 年間損益/取引毎勝率】
・2009年 総損益(手数料計算済み) +482,380円 勝率53.73%
・2010年 総損益(手数料計算済み) +33,720円 勝率50.00%
・2011年 総損益(手数料計算済み)+1,131,620円 勝率51.52%
・2012年 総損益(手数料計算済み) +458,880円 勝率69.05%
・2013年 総損益(手数料計算済み)+1,794,880円 勝率54.29%
・2014年 総損益(手数料計算済み) +527,060円 勝率51.90%
・2015年 総損益(手数料計算済み)+1,364,480円 勝率56.10%
・2016年 総損益(手数料計算済み) +406,740円 勝率48.35%
・2017年 総損益(手数料計算済み)+1,331,360円 勝率54.05%

ir30

 

Strategy2(LAST15)

【概要】
・Strategyの名称:LAST15
・取引可能銘柄:日経225先物 日経225Mini TOPIX先物 TOPIXmini
・2009年からの総損益:4,982,460円(手数料引き後)
・期間中勝率:50.15%
・月間平均取引回数:20回
・取引時間帯:15時00分~15時15分

※日経225Miniを10枚でシミュレーション上の値

【自動注文・自動返済注文の方法】
・新規注文の方法:「指値」「最良指値」「成行FAK」から選択
・返済方法:リスク管理の逆指値注文、指定した利益幅で利益確定 トレーリングストップ注文を複合的に自動で使用

【年別成績 年間損益/取引毎勝率】
・2009年 総損益(手数料計算済み) +136,880円 勝率47.52%
・2010年 総損益(手数料計算済み) +379,300円 勝率50.20%
・2011年 総損益(手数料計算済み) +14,300円 勝率41.63%
・2012年 総損益(手数料計算済み) +307,580円 勝率45.34%
・2013年 総損益(手数料計算済み) +237,400円 勝率47.60%
・2014年 総損益(手数料計算済み) +90,160円 勝率47.5%
・2015年 総損益(手数料計算済み)+1,335,160円 勝率58.20%
・2016年 総損益(手数料計算済み)+1,744,300円 勝率52.7%
・2017年 総損益(手数料計算済み) +701,340円 勝率59.95%

last15

 

両ストラテジーともにロジックは公開されおり非常にシンプルな構成になっていますので、今後も通用する可能性はかなり高いと思われます。

個人的なNK225トレードも“分足+自動売買”というものが主流になっていますし、今後もこのようなロジックを中心に展開していくことでしょう。

 

「旬速自動売買」は、1/31までの超短期間の募集です。

「旬速自動売買」を手にして、私と同じ視点でシステムトレードする仲間が増えれば幸いです^^

 

 

特典S対象】
⇒「旬速自動売買ベースファイル」のみ

特典請求はコチラからお願いします。

 

特典SS対象】
⇒「旬速自動売買ベースファイル」+講座

特典請求はコチラからお願いします。

 

 

「ダブルブレイクマネージャー」ガチンコレビュー

doublebreakmanager1

 

ダブルファントムトレード」を販売している株式会社Vest Ship Partnersより、新しくFX教材リリースされました!

その名も…『ダブルブレイクマネージャー』

 

「ダブルファントムトレード」を販売している…これだけでも期待値は上がりますね^^

「ダブルブレイクマネージャー」は損小利大を基本とした順張りロジックとなっており、完全無裁量でもトレード可能ですし、裁量を取り入れてさらなるトレード向上を目指せる環境も整っています。

 

「ダブルブレイクマネージャー」基本トレード

 

「ダブルブレイクマネージャー」の基本的なトレードを簡単に言葉で表すと、

・下降トレンド中の揉み合い下抜け
・上昇トレンド中の揉み合い上抜け

を狙うトレードになります。

MT4にインジケーターをセットすれば、上図のように“青い揉み合いゾーン”と“矢印サイン”が自動で表示されますので、あとはルール通りにトレードするだけです。

 

①チャート上に矢印サインが出現。(サインをメール送信可能)
②チャートを見てエントリー可ならエントリー。(フィルター確認)
③OCO注文でルール通りに利確と損切を置いてほったらかし。

「ダブルブレイクマネージャー」のトレードの一連の流れを簡単に説明するとこんな流れ。

手法をカスタマイズする方法も存分に書かれていますが、まずはこの基本トレードを忠実に実行するのがいいと思います。

 

実際に運用してみた結果

実は「ダブルブレイクマネージャー」を1週間前に入手しており、実際にトレードを行っていました^^;

推奨通貨ペアであるドル円で、12/4~12/8までのトレードした結果がこちらです。

12/4…+20pips(2戦2勝)
12/5…+10pips(1戦1勝)
12/6…+50pips(1戦1勝)
12/7…▲1.2pips(4戦1勝3敗)
12/8…+100pips(2戦2勝)

合計…+178.8pips 10戦7勝3敗(勝率70%)

 

実際にトレードしてみての率直な感想は、とにかく損切り幅が少ないので、リスクを限定した安心感のあるトレードができます。

また、エントリーポイント、ロスカットポイントはデフォルトのままで十分ですが、利益確定に関してはまだまだ改良の余地があると感じました。(要はもっと利益を伸ばしていけるということ)

この辺りは今後も実際にトレードを重ねながら、もっと自分流にカスタマイズしていきたいと思っています。

 

他FXシステムとの兼ね合い

私が現在実際に運用しているFXシステムといえば、「ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~」と「トレテンワールドFX」がありますが、「ダブルブレイクマネージャー」はこの両手法とはまったく異なるストラテジーになっていますので、積極的に取り入れてリスクの分散を行うべきだと思います。

特に、「ドルスキャワールドFX」との相性抜群で、ドルスキャでは指を咥えてみているだけor巻き込まれて損失を広げるだけの“上がりっ放し”や“下がりっ放し”の相場状況で利を伸ばせることが多くなりますので、システム同士の組み合わせ的にはかなりマッチしているでしょう。

 

という訳で、「ダブルブレイクマネージャー」を完全無裁量でトレードした場合の成績を、毎日の成績報告に加えていきます。

 

また、当ブログからの購入者特典として「特典S」の他に、「日中ブレイクアウトシステム」か「夜間ブレイクアウトシステム」のいずれか1点を特別特典としてプレゼント致します♪

但し、この特別特典は2018年1月31日までの期間限定とさせていただきますので、ぜひこの機会に購入をご検討ください♪

 

 

商品名 熊本の農村部に莫大な利益をもたらした秘密のシグナルインディケーター「ダブルブレイクマネージャー」
販売者 株式会社Vest Ship Partners
通貨ペア 問わず(推奨はUSD/JPY)
使用足 5分足
口座指定 なし

 

 

「ダブルブレイクマネージャー」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典S」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典S(詳細はコチラ)
・「日中ブレイクアウトシステム」又は「夜間ブレイクアウトシステム」(※2018/1/31までの期間限定)

 

山本一彦さんの最新オーバーナイトシステム「ナイツ225」ガチンコレビュー

nights

 

デイズリッチシリーズやナイトリッチシリーズでお馴染みの山本一彦氏の最新作「ナイツ225」が発売されました!

夜間寄り付きにエントリーし、翌日中寄付きで決済というオーバーナイトシステムとなっており、ナイトリッチシリーズで使用していた移動平均(MA)は使わず、MACDとストキャスティクスの2つのテクニカル&パターン解析からサインを判定させています。

また、「デイズリッチ2017」でも取り入れられている“サブシステム”が導入されていますので、データを蓄積していくことで、

・優秀なサブシステムを単独で稼働させる
・相場状況に応じて各サブシステムを単独で稼働させる

等、様々な戦略を立てていくことができます。

これはもう5つの新システムを同時に手に入れることと同様の事だと思います。

事実、私も「デイズリッチ2017」では毎日サブシステムのサインを記録しており、ちゃっかりデータを蓄積させていますよ^^

 

ソフトの操作方法

ソフトの操作方法は至ってシンプル。

nights1

 

ソフトを立ち上げたら、

①の「データ自動取得」を押すと日経平均時系列データ自動取得され、②の「サイン生成」を押すと、③に当日のサインが表示されます。

サインを出す時間は1分も掛かりません。

また、5つのサブシステムのサインもすべて表示されますので、サインを記録していくことで後々役に立つことがあるかもしれません。

 

過去成績

「ナイツ225」のバックテスト成績は以下の通り。

nights2

 

ご覧のように年ベースではほぼ毎年+10,000円越え(ラージ1枚で+1,000万円、ミニ1枚でも+100万円)という、相変わらず驚異の成績。

もちろん、実際にはこれ以下になることも覚悟しなければいけませんが、現時点でシステムの良し悪しを判断するのはバックテスト結果しかありませんので、その成績が良好なのは好材料と言えるでしょう。

ちなみに2017年7月以降がフォワード含む実績ということですから、フォワード以降もしっかりとプラスをキープしていることが確認できるかと思います。

 

豪華特典

「ナイツ225」には以下の特典が付属されます。

サインを無料配信

ナイツ225から判定されたサインがあなたのメールに直接配信されます。

nights3

毎朝パソコンからソフトを起動すらさせなくても、スマホがあれば外出先でサインをメールで受け取り、 スマホから証券会社へ注文することが可能となります。

これは平日の夕方はなかなかサインを確認できないサラリーマンの方には特に嬉しいサービスではないでしょうか。

サインの無料配信期間は、販売終了後6ヶ月間となってますので、もちろん早く手に入れた方がお得となります。

 

日中寄り引けソフト「ロングリッチ2018」をプレゼント♪

longrich20181

 

私の記憶では2011年頃?に初めて一般公開され、長らく安定した成績を残している日中寄り引けソフト「ロングリッチ」。その後継にあたる『ロングリッチ2018』が無料で貰えます!

「デイズリッチ2017」同様サブシステムが導入されており、こちらもデータを蓄積させることで後々役立つことになりそうですね。

気になるバックテスト成績は以下の通り、

longrich2018

(※ラージ1枚で取引した場合の成績)

 

ご覧のように特典ソフトとは思えないポテンシャルを誇っています(^_^;)

このように「ナイツ225」を1つ購入すれば、日中も夜間も余すことなくトレードできます。

それでいて価格は他社製品のソフト1つ分くらいなので、コストパフォーマンスが圧倒的に優れていると言えるでしょう。

 

この他にも、

・過去のサインと成績が全て確認できるエクセルファイルの添付
・ロスカットor利益確定のシミュレーションを一瞬でできる

といった重要な項目ももろちん踏襲されています。

 

2017年の寄り引けシステム及びオーバーナイトシステム事情を振り返れば、過去に機能していたシステムも軒並み不調を極める、はっきり言ってほぼ全滅に近い状況と言えるでしょう。

要因として考えられるのは、やはり今年前半に訪れた“過去にない低ボラティリティの相場”ではないでしょうか。

となると、その過去になかった相場も盛り込んだ新しいシステムトレードソフトが必要なのは、至極当然の事かもしれません。

そう考えれば、今年リリースされた「デイズリッチ2017」が好調なのも頷けます。

 

MACDとストキャスティクスを活用した新しい形のオーバーナイトシステム
5つのサブシステムを搭載
サインをメールで無料配信
日中寄り引けソフト「ロングリッチ2018」が無料提供

このような特徴を持つ「ナイツ225」は12月末まで割引価格で購入することができます。

ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

 

 

商品名 デイズリッチ2017 日経225先物日中取引専用サイン判定ソフト
販売者 株式会社インフォシステム
トレードタイプ 日中寄引
必要取引枚数 1枚

 

 

 

「ナイツ225」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典SS」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典SS(詳細はコチラ)

 

「パターントレード2017」が新発売!

patterntrade2017

 

過去に『ザ・オーバーナイト』など再現性の高いシステムをリリースしていた株式会社テイクドリームより、日中寄り引けに特化した『パターントレード2017』が発売されました!

一言で表すと“ザ・シンプル”といった言葉がとても似合うシステムになっており、サインの算出方法も、サイン算出に必要なデータも最低限なものになっています。

 

サインの確認方法

「パターントレード2017」はサイン確認の方法は非常に簡単で、“エクセルを立ち上げて1クリック”するだけです。

サイン算出には、前営業日の日中4本値しか使いませんので、前日の夕方以降には翌日のサインが分かってしまいます。

お仕事などで朝に時間が取れない方には、このゆったり具合は大きなメリットになるのではないでしょうか。

また、基本的には日中4本値すら手動で入力する必要はありませんが、データの自動DLに不具合等があることに備えて「手入力版」のエクセルも付属されていますので、万が一のことがあっても安心です。

 

2017/8/9追記

パターントレード2017の商品構成から「ワンクリック版」が削除されましたが、当ブログから購入された方は購入者特典として引き続き「ワンクリック版」を手にすることができます。

但し、ご利用のセキュリティソフトによってはワンクリック版をお使い頂けないこともありますので予めご了承頂けますようお願い申し上げます。

 

バックテスト成績

「パターントレード2017」のバックテスト結果は以下の通りです。

pt2017

※ラージ1枚をロスカット設定200円で運用した場合

月単位負け無し!とか、毎年10,000円オーバー!…などという派手な数値にはなっていませんが、個人的には(後述する根拠も含めて)カーブフィッティングの可能性が低い、極めて再現性の高い数値になっているかと思います。

 

過去システムの検証

株式会社テイクドリームでは、「ザ・オーバーナイト」というオーバーナイトシステムと、その特典システムとして「2Wayサイン225」という寄り引け&日中寄り⇒翌日中寄りというシステムを過去に販売していた経緯がありました。

販売開始されるとそのド派手なバックテスト成績とは大きくかけ離れた成績になるシステムが多い中、この2つのシステムは淡々とそして着実に利益を積み重ねています。

 

【ザ・オーバーナイト】
2014年…+1,290円(9月~4か月間の成績)
2015年…+3,490円
2016年…+1,860円
2017年…▲1,070円(6/23までの成績)

【2Wayサイン225】
2014年…+1,340円(9月~4か月間の成績)
2015年…+3,130円
2016年…+12,790円
2017年…▲2,360円(6/23までの成績)

 

2017年はともに苦戦を強いられていますが、まだまだ巻き返せない金額ではありませんし、何より販売開始後2年以上に渡って結果を出し続けたシステムがどれくらいありましたでしょうか?

当ブログでも数多く寄り引けシステムを取り扱ってきましたが、これほどまでに再現性の高いシステムはそうそうありません。

 

「パターントレード2017」は、サインの算出に前日の日中4本値しか使いません。

時系列データも、夜間のデータも、ましてやダウや為替のデータも一切不要です。

ロジックを複雑化すればするほど高利益のシステムが完成する可能性は高まりますが、それと同時にただの最適化と化して使えないシステムになるリスクも高くなります。

“シンプルゆえの再現性の高さ”

「パターントレード2017」も、「ザ・オーバーナイト」や「2Wayサイン225」のように、販売以降も淡々と利益を積み上げていくことが期待できるでしょう。

 

7月3日より値上げ予定!現行価格で購入できるのは7月2日までです!

 

 

商品名 パターントレード2017 日経225先物日中寄り引けシステムソフト
販売者 株式会社テイクドリーム
トレードタイプ 日中寄り引け
最高取引枚数 1枚

 

 

 

「パターントレード2017」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典S」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典S(詳細はコチラ)
 

デイズリッチ2017が新発売!名機「MAサイン225初代版」も特典としてプレゼント中♪

daysrich2017

 

MAサイン、デイズリッチシリーズの後継版ソフト「デイズリッチ2017」が発売されました!

最新のデータが組み込まれロジックが最適化されていることはもちろんのこと、

為替(ドル円)情報をロジックに組み込む
サブシステムの導入

  
と、今までにない新たな取り組みを施し大幅にパワーアップしています。

 

私も長いこと多くの寄り引けシステムを見てきましたが、為替のデータを組み込んだシステムというのは、今までお目にかかったことがありませんでしたので、これが成績にどう反映していくのか非常に興味深いです。

また、5つのサブシステムから多数決でその日のサインを決定するという方式を採用していますので、データを蓄積していくことで、

・優秀なサブシステムを単独で稼働させる
・相場状況に応じて各サブシステムを単独で稼働させる

等、様々な戦略を立てていくことができます。

これはもう5つの新システムを同時に手に入れることと同じことですね。

 

ソフトの操作方法

ソフトの操作方法は非常に簡単です。

daysrich20172

ソフトを立ち上げたら、①の「データ自動取得」を押すと必要なデータが全て自動取得されますので、あとは②の「サイン生成」を押してその日のサインを確認するだけ。

サインを出す時間は1分も掛かりません。

また、③にあるようにサブシステムのサインも各々表示されますので、データを蓄積することで色々な戦略を立てることができます。

 

過去成績

「デイズリッチ2017」のバックテスト成績は以下の通り。

daysrich20171

ご覧のように月単位負け無し&2015年・2016年は+20,000円オーバーとえげつない年間成績^^;

とは言ってもこれはあくまでもバックテスト結果。

もちろん、実際にはこれ以下になることも覚悟しなければいけませんが、現時点でシステムの良し悪しを判断するのはバックテスト結果しかありませんので、その成績が良好なのは好材料と言えるでしょう。

 

豪華特典

「デイズリッチ2017」には以下の特典が付属されます。

6か月間サインを無料配信

デイズリッチ2017から判定されたサインがあなたのメールに直接配信されます。

毎朝パソコンからソフトを起動すらさせなくても、スマホがあれば外出先でサインをメールで受け取り、 スマホから証券会社へ注文することが可能となります。

daysrich20173
 

2か所への配信が無料

パソコンだけでなくスマホや携帯にも配信して欲しいという要望に応え、2ヶ所までサインを無料で配信しています。

 

MAサイン225(寄り引け版)をプレゼント♪

daysrich20174

2012年10月の公開から4年半もの間、実運用で結果を出し続けてきた寄り引けシステムを手に入れるチャンスです!

 

 

何より嬉しいのは「MAサイン225初代版」の特典提供ではないでしょうか?

2013年…+4300円
2014年…+6190円
2015年…+410円
2016年…+3530円

この成績はバックテスト成績ではありません。MAサイン225初代版が発売されてからの実運用での成績ですので、MAサイン225初代版だけを愚直に毎日トレードしていれば、毎年相当な利益を手にできていたことが分かると思います。

2014年7月にMAサイン2014版が販売終了してからは、しばらく入手困難な状況が続いていましたが、約3年ぶりに手に入れるチャンスが到来です!

実運用で結果を出し続けている幻の寄り引けシステムを、ぜひこの機会に手に入れてください。

 

この他にも、

・過去のサインと成績が全て確認できるエクセルファイルの添付
・ロスカットor利益確定のシミュレーションを一瞬でできる

といった重要な項目ももろちん踏襲されています。

 

ドル円の値動きを加味した寄り引けシステム
5つのサブシステムを搭載
リアルトレード結果を出し続けているMAサイン225も貰える

このような特徴を持つ「デイズリッチ2017」は6月末まで1万円OFFで購入することができます。

ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

 

 

商品名 デイズリッチ2017 日経225先物日中取引専用サイン判定ソフト
販売者 株式会社インフォシステム
トレードタイプ 日中寄引
必要取引枚数 1枚

 

 

 

「デイズリッチ2017」を特典付きでお得に購入しよう♪

「特典SS」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒特典受け取りの流れはコチラ

 

【当ブログからの特典】
・特典SS(詳細はコチラ)

 

「ArbimasterD3」今年2回目の募集開始!

ArbiMasterD3

 

完全自動売買のサヤトリツール「ArbimasterD3」の今年2回目の募集が開始されました!

今回の募集期間は2017年4月18日(火)~2017年5月8日(月)まで。

 

当ブログを以前からご覧の方にはすっかりお馴染みのシステムですが、システムの概要については、前々回及び前回のレビューをご覧ください。

究極のサヤ取りトレードツール「ArbimasterD3」レビュー!(2016.2記)

「ArbimasterD3」8か月ぶりの一般募集!(2016.12記)

 

今回は、“「R4ストラテジー」の新設”という大きなバージョンアップが施されています。

R4ストラテジーは5分足の日経225とTopixのサヤの変化を収益にするストラテジーとなっており、取引頻度が高く、より大きな利益が期待できるという特徴があります。

ArbiMasterD31

このように5分足の日経225とTopixのサヤの変化を見てバンドを上下に飛び出す箇所があればそこで自動発注します。

 

公式サイトによる直近の成績はコチラ↓

R4ストラテジー 4月17日 +69,664円
R4ストラテジー 4月13日 +48,664円
R4ストラテジー 4月07日 +29,664円
R4ストラテジー 3月31日 +34,664円
R4ストラテジー 12月8日 +17,664円
R4ストラテジー 9月29日 +45,664円
R4ストラテジー 9月27日 +36,664円
R4ストラテジー 9月27日 +25,664円

 
基準水準よりある程度大きく離れた位置でのサヤ取りは勝率がとても高くなる傾向が強くなりますので、“高勝率かつ高収益”というトレードが期待できます。

 

R4ストラテジーの追加で、ArbimasterD3は下記3つのトレードを同時に運用できるようになりました。

・D3ストラテジー
・待受け発注
・R4ストラテジー

 

今回の募集を見逃すと今度はいつ募集になるか分かりません。

ぜひ今回の募集期間を見逃さず、「ArbimasterD3」を手に入れてください!

 

 

「ArbimasterD3」を特典付きでお得に購入しよう♪

募集期間は2017年5月8日(月)まで!

「特典S」対象商品です。

buy3

⇒クッキーの確認を忘れずに

⇒「特典S」の内容はコチラ